幼馴染「DQN君と付き合いたいんだけど」男「ほう」(296)

男「あいつはおっぱい大きい女が好きだからな」

幼馴染「・・・うぅ」ショボーン

男「異性に揉まれると大きくなるらしい
ぞ」

幼馴染「・・・お願い」

男「うむ」

男「・・・」フワ、モミモミ、クリ、モミモミ、コネコネ

幼馴染「んっ・・・んぅう・・・はっ、ぁあっ・・・」ピクピク

男「・・・揉み揉み」モミモミモミモミ

幼馴染「ちょ、・・・だめっ恥ずかしい・・・ふぁぁ・・・っ」フーフー//

男「今日はこれくらいにしておこう」

幼馴染「ありがとう」

男「俺も明日からDQNの趣味とか探ってみるよ」

幼馴染「男・・・私のためにそこまで・・・」ウルウル

翌朝
幼馴染「・・・ちょっと大きくなったかも・・・しれない」サワサワ


男「お、DQNいるぞ。挨拶でもしてきたらどうだ?」

幼馴染「う、うん!」トテトテ

DQN「ギャハハ!それでさぁ!!」

ギャル「えー!?まじでー」

幼馴染「あ、えと、そのおはよう!」

DQN「お、おぅ」

幼馴染「じゃあ今日も頑張ろうねっ///」ドキドキ

DQN「」

ヤンキー女「なぁにい?wwまた新しい女に手を出したのぉ?ww」

DQN「いやww・・・でもいいなあの子・・・」

男「どぅも」ニョキ

DQN「うぉ・・・!どうした男?」

男「実はな・・・」

DQN「へぇ、幼馴染ちゃん俺のこと好きなの?www大丈夫ww俺もバッチリストライクゾーンだぜwww」

男「あぁ、だが幼馴染自身まだお前のことがよくわかってないからもっとお前のこと知ってから付き合いたいそうだ。・・・そこで相談なんだが・・・」

幼馴染「なんか話してる・・・あ、戻ってきた」

男「喜べ、今週末DQNとデートの約束を取り付けてきたぞ」

幼馴染「・・・ふぇ・・・ええええ!!?」

男「大丈夫、安心しろ。ダブルデートで俺もあいつの妹と一緒に行くことになったから、出来る限りフォローはする」

幼馴染「う、うんそれなら・・・」

男「じゃあ、そういうことだから、また放課後な。今日も胸は揉むからな」

幼馴染「うん、わかった」

男「フーッフーッ」サワサワ

幼馴染「ふっ・・・んくっ・・・」


男「昨日より大きくなったかもな」モミモミ

幼馴染「ぁっ・・・ほ、ほんと・・・?・・・ぁあっ・・・これでDQN君も好きになってくれるかなぁ・・・//」ハァハァ

男「幼馴染、重要な相談なんだが」モミモミ

幼馴染「あっ・・・ちょっとまって・・なんか、ふぁあ・・・体が・・・んっぅ・・・!・・・ぁあああああああ」ビクビク

男「大丈夫か?」

幼馴染「ふぁ・・・」トローン

男「おいおいふらついてるぞ」ムギュ

幼馴染「んっ・・・んぅ・・」グデーン

男「実はだな、DQNがいろんな女と付き合ってきたのは知ってるな?そこで前に付き合ってた女の子の特徴を掴んできたんだ」

幼馴染「(だめ・・・頭が働かないよぉ)・・・ぅ・・・」ボー

男「そこで、みんなある共通点があったんだ。なんと・・・フェラがうまいんだ!」デマカセッ

幼馴染「ふぇ?フェラ・・・(な、なんだってー)」

男「だが、お前のタイプ的にあんまりがっつかず、清純系でいったほうがいいと思う。だからあんまり心配しなくていい」

幼馴染「う、うん・・・」

男「だが、いざそういうことになった時にいままでの女より下手だったらガッカリするだろう・・・」

幼馴染「・・・」ショボーン

男「というわけで今のうちから練習しておこう」

男「じゃあ、くわえてみてくれ」

幼馴染「ん・・・」カプ

男「いってぇええ」

幼馴染「ご、ごめん・・・」

男「これは本格的に練習しとかないとだめだな」

幼馴染「うぅ・・・」

男「だが、安心しろ!俺がDQNを満足させることが出来るようにしてやるからな!!」

幼馴染「うんっ!お願い、男っ」キラキラ

男「じゃあ、いきなりコレはキツいからまず、指ね、はいくわえて」

幼馴染「んっ」パク

男「(おぉ・・・舌の感触がちんこよりも感じやすいな・・・ていうかすげぇエロ・・・)」

男「そうそう、そこで、そう、舌を使って・・・おぉ、うまいね!飲み込みが早いよ!」ナデナデ

幼馴染「んぷぇ・・・えへへ//」

男「じゃぁ指二本ね」

幼馴染「ふぁい、こぉれふかぁ?」ジュプジュプ

男「おっけーじゃあ本番ね、おちんちん舐めて、手も使っていいからね」

幼馴染「わかったっ」パク...ジュポジュポ

男「、、、っ!おぉっ!!(指で舌の感触覚えてるからよけい興奮する・・・!)」

男「あ、メールだ・・・幼馴染はそのまま舐めてていいよ」カパッ

幼馴染「ふぁい・・・(コツ掴んできたかも)」ジュプジュプ

男(お、DQNの妹ちゃんだ、土曜日はよろしくお願いしますだって。写メもついてる。DQNの妹とは思えないほどかわいいなぁ・・・)
幼馴染「んむぅ・・・んっんう・・・」ジュプジュプ

男(学期始まった時、新入生で可愛い子がいるって大騒ぎだったもんなぁっ・・・手を出しそうとしたやつはDQNにボコられてたけど)

男「(やべ写メみてたら・・・)幼馴染出すぞ・・・無理しなくていいけどなるべく飲めよ
!練習だから!!」
ドプ!!!ドピュっ・・・!
幼馴染「!!!んんん、!!!コクコク・・・んぇ・・・うぶ・・・!」ボタボタ

男(エロいな・・・)

男「じゃあこの調子な。また明日」

幼馴染「うん・・・なんか口の中気持ち悪い・・・」

男「ぁあ、これ飲んどけ」

幼馴染「あ、ありがと」ゴクゴク

男「またなー」

幼馴染「ほんとっありがとね!!」タタタ

男「媚薬・・・効くかな」ボソ

幼馴染「お風呂はいろう・・・」
ザパーン


幼馴染部屋

幼馴染「ハァハァ///どうして・・・身体が熱いよぉ・・・」クチュクチュ

幼馴染「////私・・・アレ思い出して・・・練習なのに・・・ぁあっ♡」クチュクチュ

幼馴染「家隣だし、部屋も隣だからッ、、あっ男に聞こえちゃうかもしれないのに・・・・んっ・・・ぁあああ!!」ビクビク

男「部屋近いからよく聞こえるな・・・ちゃんと効いてるみたいだ」

教室
DQN「ははっ!!マジでぇ!!!?」

チャラ女「そーなんよww受けるっしょww」

男「やぁ」

DQN「うぉお!びっくりしたなぁっ!」

男「いよいよ明日だな」

DQN「あぁ・・・」

男「そこで相談なんだが・・・」

DQN「なに?処女じゃないことを気にしてる?」

男「あぁ・・・中学の時に先輩にやや無理やり奪われてな・・・」デマカセ

ヤンキー女「あんたみたいなやつだなwwwその先輩ってやつww」ゲラゲラ

DQN「うっせぇよww」
(ちょっとショックだけど・・・正直幼馴染ちゃんすげえ好みなんだよな・・・いままで適当に付き合ってたやつとはちがう・・・初恋かもしれない)

DQN「俺は全然気にしてないぜ」

ギャル女「だいたい今時まだヤってない女のほうが寒いっていうかぁWWWなあ?」

DQN「あぁそうだなww今時処女ってww」


幼馴染「おはよーおt・・・」


DQN「お、幼馴染ちゃんおはよっ明日はよろしくね!」

幼馴染ちゃん「う、うん・・・」

男「(なんとか、うまくいったな・・・)」

放課後


男「よし、今日も揉むぞ・・・」

幼馴染「うん・・・」
------

幼馴染「ろぉ・・・?きほふぃい?」ジップジップ


男(上目遣い・・・やべえ)

男「イきそうだ・・・」

幼馴染「んっ」カポっ

男「どうした?苦しくなったか?」

幼馴染「あの、男・・・今朝の会話・・・」ジワ

男「幼馴染・・・?」

幼馴染「私嫌われちゃうかな・・・処女なの・・・」エグッ

男「俺に任せろ!!!」

ク    えっち     「あれ?今日はクリスマスなのにどこも行かないの?」    ギシギシ
リ          呼ばれないクリスマスパーティー                 アンアン
ス  明石家サンタ              彼         「あれ?暖房つけてるのに寒いよ?」
マ          多分来ない年賀状   女       童
ス                 また今年もひとりきり   貞 「おまえなんで来んの?」

     今年のクリスマスは中止        ラ    ○          みんな幸せそう
                            ブ   /\
  セクロス      気になるあの子も    ホ /   \ 街は     「あれ?誰がこいつ呼んだの?」

                   DQNとズコバコ   / ̄ ̄ ̄\ カップル
        「えー?!マジ童貞?!キモーイ」/ ─    ─ \   だらけ
彼女イナイ暦=年齢                 /  <○>  <○>  \          クリスマスも2ch
    2次元が恋人     イチャイチャ    |     (__人__)     |
 ケーキ         ラブラブ          \    ` ⌒ ´     / 男友達と過ごす
         アドレス帳      嫉妬   /           \      メリークリスマス

幼馴染「え、でも・・・」

男「俺じゃなけりゃ、DQNに嫌われるか、その辺の棒とかで破くのか、見ず知らずのおっさんかなんかにヤってもらうかになるぞ?」

幼馴染「それは・・・イヤ。けど男は私なんかでいいの?」
男「大丈夫!幼馴染のためならなんだってするぜ・・・」

幼馴染「男・・・」キュン
幼馴染(あ、私今ドキッて・・・私・・・もしかして・・・)

男「挿れるぞ・・・」
幼馴染「うん・・・」

男「っ・・・(キツい・・・)」
幼馴染「ぅ・・・ふぅぅぅ!!(痛い・・・!痛いよぉ!!)」

男「幼馴染!!」グイ

チュ

幼馴染「んっ!!!(キス・・・!?)」
男「楽になった・・・?」
幼馴染「ぁ・・・うん'・・」ドキドキ

男「っ・・・」パンパン
幼馴染「んっぁ・・・(なんか・・・幸せ・・・)」


30分後

男「はっ・・・はっ・・・!」パチュパチュ

幼馴染「ふぁ・・・んあ、!!気持ちいいよぉ・・・//」
男「エロい顔してる・・・」

幼馴染「///・・・ふぁあっ・・・イっちゃう//」ギュウー

男「うぉ・・・締まる・・・」
幼馴染「ひゃぁ・・・っ・・・ぁああああああ」ビクビクビクビク
男「俺も・・・あれ?いままでオナニーばっかだったからイきかたわかんね・・・」パチュパチュ

1時間後

幼馴染「もぉ・・・むりぃ・・・ふぁぁ・・・んへぇ・・・あふっ!!」

男(ヨダレエロ・・・)

幼馴染「っっ・・!ぁ・・・ぁ、、男ぉ・・・」
男「幼馴染っ・・・幼馴染!」

幼馴染「ぁ・・・またイっちゃうよぉ・・・っ男ぉ!!」

男「俺も・・・っぅ!!」

ドプッ

ドピュ~!!

ドクドクドク

幼馴染「~~~!!!!!あぁ・・・♡お腹・・・熱い///」

男「幼馴染・・・」ドサ

幼馴染「んっ・・・」ギュー

翌朝

男・幼馴染「お待たせー」

DQN「おぉ・・・(私服めっちゃかわいい!)」

妹「お待たせしましたー」

男「じゃぁ、まずは映画館でいいな」
DQN「おぅ、男俺は今最高に幸せだぜ♪」コソコソ

妹「もうっお兄ちゃん!男同士でデートするつもりっ!」

DQN「おぉ悪い悪い・・・」

妹「今日はよろしくお願いします!」

男「ぉ・・・ぉう//」

幼馴染「・・・(なんか胸が苦しいな・・・)」ジト

DQN「じゃあ早速行こうぜ!」

幼馴染「・・・っはい!」

風呂入ってくる

館内
男「ポップコーンうめぇ~」モグモグ

妹「わぁ・・・たくさん食べるんですね」

男「フフフ三箱ぐらい俺の胃袋にとっては余裕だぜ」モグモグ

妹「でも、ほんと映画館で食べるポップコーンって美味しいですよね」モグモグ

後ろの客(縦にポップコーンのL三つも重ねんなよ!みえねぇ・・・)

サワ
妹「あっ・・・///(ポップコーン取ろうとしたら男さんの手に触れ・・・)

男「ん・・・?(あぁ、ポップコーン取ろうとしたのか・・・照れてるな・・・かわいい)」

妹「ご、ごめんなさ、」

男「はい、どうぞ」アーン

妹「あ///」パク

後ろの客「・・・」イライラ

DQN「幼馴染ちゃん・・・すごい映画に食いついてる・・・恐竜好きなのかな・・・」




男「あぁ~面白かったな」
DQN「あぁ、次はゲーセン行くか・・・」

??「ちょっとマテや!」

男「なんだ?」
幼馴染「?」

チンピラ(後ろの客)「お前のせいで、映画見えなかったんだけどよぉ!!」ブン

男「ぅお!!なんだなんだ?おだやかじゃねえなぁ」

チンピラ「あぁ!?反省の色が見えねえんだが!?まぁどっちにしろ殴らねぇと気がおさまらねぇけどよぉ!?」

幼馴染「・・・ひぃい・・・」ガクブル

DQN「チッ、お前らは先いってろ。こいつは俺がなんとかする」


男「おぉ・・・任せたぞ!!」タッタ ッタ


男「ここまでくれば大丈夫か・・・」
妹「はぁ・・・はぁ・・・」
幼馴染「うぅう待ってよー」ドテ

男「あ、転んだ・・・それにしてもあいつかっこいいな~」

妹「はい、それにお兄ちゃんならあれが3人でも大丈夫ですからね!」

男「ふふ、こんなに信頼してくれるかわいい妹がいてあいつは幸せ者だな」

妹「あはは、あれで結構シスコンですから・・・っ!(今、可愛いって・・・///)」

男「?」

幼馴染「ねぇ次どこ行こう?」

男「そぉだな・・・あそこのゲーセンよった後予定通り遊園地でいいんじゃないか?」

妹「じゃあ、ここのベンチで少ししたら
行きましょうか」

幼馴染「そうだね」

男「じゃあ、ちょっと自販機で飲み物買ってくるねお茶でいい?」

幼馴染「うん」
妹「はい!」

ゲームセンター

妹「プリクラ取りましょう!!」

幼馴染「いいねいいねー」

男「おぉ・・・いろいろあるんだな・・・」

妹「じゃあ私男さんのほっぺにちゅーしてるやつ撮りたいです!」チュ

幼馴染「む・・・!じゃあ私も反対から!!」チュ

男「・・・(oh...)」

カシャ

DQN「・・・はぁはぁ・・・」
チンピラ「ハァハァ・・・」

DQN・チンピラ「結構やるじゃねえか・・・」

DQN「はwwww」

チンピラ「ふんwww・・・お前・・・もしかしてあのDQNか?」

DQN「・・・お前ももしかしてあのチンピラか・・・」

チンピラ「なるほどな・・・連れの男にポップコーンの箱は積み重ねるなと言っておいてくれ。俺はもう動けねぇ・・・」

DQN「あぁ、わかった。俺も休みたいが、用事があるんでね」

チンピラ「じゃあな」

DQN「おう」

男「お、メールだ。DQNなんとかなったらしいぜ。流石だな。」

妹「男さん!!ぬいぐるみ取れました!!」

幼馴染「恐竜取れたああああ!!」

男「ほらほらUFOキャッチャーに没頭しすぎだ。遊園地向かうぞ」ギュ

妹「あ、手・・・///」

幼馴染「あ、待ってー」トテトテ

幼馴染「ジェットコースターに海賊船にコーヒーカップにメリーゴーランド!」

妹「いっぱいありますねぇ・・・」

男「そろそろDQN来るかな・・・おい幼馴染ちょっとこい・・・」


男・幼馴染「~~」ヒソヒソ

妹「?」

DQN「おぉ待たせたな・・・」

男「おぅ、じゃあみんなでジェットコースターと海賊船乗ったらそのあと別行動で7:30にまたここに集合な」

DQN「おっけ、あれ?幼馴染ちゃん顔赤いけど大丈夫?」

幼馴染「ふぇ!?だいじょうぶだよ♪」ニコ

DQN「//(かわいぃ♪)」

妹「お兄ちゃんこそ、顔がだらしなくなってるよっ」

男「あはは、じゃあ行こうか」

幼馴染「ん・・・っ・・・///」
男「おぉ・・・結構登るなぁ・・・」

妹「ジェットコースターが登ってる時のこのガタガタタイムはなんとも言えないワクワク感がありますよね!」

DQN(やべぇ汗臭いかな俺・・・つぅか疲れた・・・)

男「お、落ちるぞ・・・!!」カチッ

ヒュウウウウ

DQN「ぅおおお」
妹「キャーーー」
幼なじみ「ぁあっあああああ!!」ビクビク


回想
------
男「DQNがもうすぐ合流する。ここからが勝負だ」
幼なじみ「うん」

男「これを付けるんだ。幼なじみの色気がアップする」つピンクローター

・・・・・・
DQN「おっけ、幼なじみちゃん顔赤いよ大丈夫?」
幼馴染「ふぇ!?大丈夫だよ♪」ニコ

幼馴染(なんか変な感じ・・・あ、でもDQN君照れてる!男の言ったとおり効き目あるんだ!)

男(媚薬塗りたくったピンクローターが中かにある幼馴染萌え)

男「海賊船もジェットコースターも結構迫力あったな」

妹「そうですね!何回でもいけそうです!!」

男「あはは・・・じゃあ俺たちはもう一周してみるわ。別行動ってことで幼馴染を頼むぜ」

DQN「おう!」



DQN「しっかり成功させてみせるぜ」コソコソ
男「健闘を祈る。頑張れ」コソコソ

幼馴染「・・・んぅ・・・//」ピクピク

幼馴染(どうしよう・・・これ気持ちよすぎるよぉ・・バレちゃうかも)

DQN「お化け屋敷いこうか」

幼馴染「うんっ」(暗いところならばれにくいよね)
--------
妹「ひゃっはああああああああ!!!」

男(可愛いなぁ・・・でもジェットコースター何回乗るんだろ)

お化けA(お、可愛い女の子in!!)

お化けB(触ってもバレナイカナ)

お化けC(やめとけ彼氏おっかねぇぞ)

お化けD(勇者になってやる!)サワリ

幼馴染「ひゃあぁあっぁ・・・//」
幼馴染(お尻に何か当たったような・・・//)

DQN「どうした?こわい?大丈夫だよ俺がついてっからwww」

幼馴染「はぁ・・・ちょっとからだ預けさせてもらっていいかな?」ムギュ
幼馴染(足がガクガクする・・・)

DQN(うぉおおお!柔らかい!!って俺は初心な男子か・・・!!)ドキドキ

DQN「はぁ~結構本格的だったね///」

幼馴染「そ、そうだね・・・///」

幼馴染「あのね、次はゆっくりできるアトラクションがいいな♪」

DQN「じゃあ、あそこのコーヒーカップ行こうぜ」

幼馴染「うん」

--------
妹「ふぅ・・・だいぶ満足しました!」

男「はは、じゃあ次はお化け屋敷行こうか」

お化けA(またまた可愛い女の子in!!)

お化けB(触ってもバレナイカナ)

お化けC(彼氏がいるけど、さっきのと比べると草食系って感じだぞ)

お化けD(無言実行!)

妹「わぁ・・・なんか手が出てきました・・・!」

男「今時、人間が直接お化け役をやるようなお化け屋敷ってあるのか・・・?」ツンツン
お化けD(あぁあ///可愛い女の子にツンツンされてるぅうううううい)
-----
お化けA(ツンツンしてたの男のほうだったぞ)
お化けD(言わなくてよかったよその情報・・・)

メリーゴーランド

幼馴染「んうっ・・・ふぅ・・・っんぁ」
(お馬さんがっこ、こすれて//)

DQN(メリーゴーランド二人乗りなんてメルヘンな事したがる女の子は初めてだな~)

幼馴染(もう、なんか、頭働かない・・・)

DQN(妹もこれで人見知りが治るといいんだけどな)

DQN「そろそろ時間だね、観覧車乗らない?」(観覧車のてっぺんで・・・!)

幼馴染(観覧車・・・休める・・・?)
幼馴染「うん・・観覧車乗りたい//」

DQN(やべぇwww可愛いすぎるww)

幼馴染「結構並んでるね~」フラフラ
(うぅ・・・からだ熱い・・・よぉ・・・)
DQN「そうだなぁ」フラフラ
(やべぇ体力が・・・)

ガラ
係員「どうぞ~」
DQN「やっとかぁ・・・」ヘトヘト
幼馴染「うぅ・・・」ヘトヘト


--------
男「そろそろ時間だな。お土産屋さんでなんか買ってくか」

妹「はい!」

観覧車
DQN(やべぇなんていって告白しよう・・・いままでどうしてたっけ・・・いやダメだ思い浮かばない・・・)

幼馴染(DQN君かっこいいな・・・景色も綺麗だし・・・)


--------
妹「わぁーたくさん売ってますね」

男「なんか欲しいものあるかい?せっかくだからププレゼントしてあげるよ」

妹「じゃ、じゃあこのハートのネックレスが欲しいです///」

男「おぉ、わかった。妹ちゃんに似合いそうだね」

妹(男さん優しくて紳士でカッコいいなぁ)

男「じゃあ待ち合わせ場所に戻ろっか」

妹「あ、待ってください!」

男「?」クル

チュ

妹「プレゼントのお返し・・・私のファーストキスです///」

男「妹・・・」グイ
チュ

妹「ふぁ・・・男さん//」

男「今日は楽しかったよ!ありがとね」

妹「私も今日は一生の思い出です!」

男「じゃあ戻ろっか」

妹「こないですねぇ」

男「そうだねぇ探しにいこっか」

妹「はい・・・」

サービスセンター


DQN「zzz」
幼馴染「zzz」

男「うわぁ寝てるよこの人たち」

係員「この女の子は最初は起きてたんですよ。なんでもこちらの男性が観覧車の頂上につく直前に気を失ったそうで」

妹「お兄ちゃん・・・」

男「疲れてたんだろぅ・・・無理させすぎたかな」

男「おーい起きろーかえるぞ」ユサユサ

一日あいて月曜日の朝

幼馴染「おはよー男~」

男「DQNは休みみたいだぞ。風邪を引いたって」

幼馴染「うん・・・すごい疲れてたみたいだったし」

男「チンピラが予想以上に強かったっていってたな」

男「よし今日お見舞いに行くか!」

幼馴染「うん!」


DQN宅
妹「いらっしゃい、幼馴染さん男さん。実はお兄ちゃんは風邪だけじゃなくてあばらの骨と小指が折れてたみたいで、今病院なんですよ」

幼馴染「そんな・・・」

男「そっか、お大事に。かえろっか」

幼馴染「うん」

妹「あ・・・」

男「?・・・ごめん幼馴染先帰ってて」

幼馴染「分かったまた明日ね」

妹「あの・・・」

男「どうしたの?」

妹「鍋の材料があるんです!」

男「・・・いいの?」

妹「親は普段いなくて、お兄ちゃんが料理とかやってるんですけど、今日はいないので、とりあえず突っ込めば良さそうな鍋をと思いまして、あははは・・・」

男「じゃあ、ご馳走になろうかな」

妹「親もいませんので、よかったら泊まっていきませんか///?」

男「ふぅ・・・美味しかったよ」

妹「はい♪あ、お風呂はいってますんでどうぞ」

男「ん、分かった」

お風呂場
カポーン
男「ふぅ・・・」

ガラガラ

妹「お、男さん!背中流しにきました//」

男(これは・・・イケる)

グイ

チュ

妹「んむぅ!!・・・!!」チュルジュル
(し、舌が//)
バッ

妹「えっと///あの、その、お風呂出たらにしましょう///」

男「・・・分かった」

妹「じゃあ背中洗いますね・・・」ゴシゴシ
(あ、そういえば・・・)

にゅるにゅる

男「!?」

妹「んっ・・・男の人は胸で洗うと・・・喜ぶって・・・///」

男「どこでそんなことっ」
(新感覚・・・すごく気持ちいい・・・)

妹「お兄ちゃんの本で・・・でも本当みたいですね・・・」ニギ

男「おぅ・・・」

妹「おっきくなってます///」ハァハァ

男「ぅ・・・妹さん・・・こういうのは、お風呂でた後で・・・っ」

妹「あっ、そうでした・・・さっきと逆ですね///えへへ」

男「ふふ、そうだな」

ジャバー

男(なんてことだ・・・女の子の誘惑がこれほどのものとは・・・理性が持たないぞ)

妹「♪~」

妹「ベッド行きましょうか///」

男「おぉ」ドキ

---------
DQN宅 壁

幼馴染「男・・・妹ちゃんと付き合ってるのかな・・・!、妹ちゃん入ってきた!妹ちゃん着痩せするタイプだったんだ・・・。む、胸で!?胸で洗ってる・・・///」ノゾキ

幼馴染「男のみたら欲しくなっちゃったよぉ・・・遊園地の時以来ずっとムラムラする・・・」

男「妹・・・俺もう限界かも・・・」

妹「はい///好きにしていいですよ男さん//」

男「妹ぉ!!」ガバ

妹「きゃ、男さ//んむぅ・・・っんちゅっ・・・」

男(妹の舌柔らけぇ・・・それになんか甘い味がする・・・)

妹「ふぁあっ・・・んぅ・・・」トロー

男(うわ、唾液が糸ひいて・・・顔もエロい・・・)ゴクリ

妹「えへへ//もうはち切れそうですね・・・」ナデナデ

妹「開放してあげますね・・・」ヌガセヌガセ

男「妹・・・」

妹「はい?」ヌガセヌガセ

男「大好きだ」

妹「えへへ//私もです///」パク

男「ぅお・・・」

妹(おっきくて口に入りきらないよ・・・これでいいのかな)
ジュポジュポ
男「ぅぁ、・・・」ブルブル

妹(男さん気持ち良さそう///)ジュン...

男「妹っ」ガバ

妹「あっ・・・///」

男「いいか?」

妹「はい・・・♡」

ツプ
クニュ
妹「あっ、はぁ、、んぁ・・ふぁ」

男「痛くないか?」

妹「きもふぃいれす//」

男「耳真っ赤だぞ」

妹「いぁ、恥ずかしい////んんんぅ♡」ピクピク

男「妹・・・妹・・・!」ジュプジュプジュプ

妹「はぁああっ、、ん!男ふぁん///んぅっ///」

男「うっ・・・イきそっ・・・」ジュプジュプ

妹「、、ぁ、わたし、、もぉ!!イっちゃうイっちゃうん、ぁ・・・ぁあああああ」ビクビクビクビク

男「うぉ・・・・・ぅ」ドク!ドク!!

妹「はぁああっ、、あったかい、気持ちいいいい!!」ジュプジュプジュプ

男「ちょ、そんなっ動かないで・・・!!ぅお!!」
ドプ!
ドピュ!!ドピュ!!!

妹「ふぁあああ///」

ドサリ

<<ピンポーン

男・妹「!!

男「今何時だよ・・・」

妹「2時25分ですね」

男「誰だ・・・?」

妹「怖いです」

男(DQN親?どんな人なのか知らないが堅気じゃなさそうだ・・・DQN?帰ってきたのか?シスコンだしキレるかもしれない・・・それとも強盗?)ガクブル

男「俺がみてくる・・・」
妹「あ、インターホンあっちです」

ガチャ

男「どちらさまでしょうか」ドキドキ

幼馴染「男ぉ・・・寒いよぉ」

男「」ゾクリ

男(ずっと外いたのか?聞かれてた?まさかヤンデレ化してないよな・・・)

ガチャ
男「なにやってんだ・・・」

幼馴染「あのね・・・身体が熱くて・・・私、男なしじゃ生きていけないかもしれない・・・まだ出せる?///」モジモジ

男(・・・なんだ・・・ただアホの子か・・・)

妹「あれ幼馴染さん・・・?」

男「中にいれていいか?」

妹「あ、はい」

幼馴染「妹ちゃん男借りていい?」

妹「へ?幼馴染さんお兄ちゃんが好きなんじゃないんですか?」

幼馴染「男がいいの、男が・・・大好きなの///」

男「」ドキッ

妹「・・・はぁ。わかりましたそういうことなら抜け駆けはナンセンスですね」

幼馴染「じゃあ、2人で男を気持ち良くしよっか!」

妹「はい!」

幼馴染「えへへ大好きだよ!」

妹「私もです!」

ムギュー




Fin.

>>247
めんどくさくなったろ

>>254
デートが始まったあたりからもう心折れかけてたからな
あと日をまたぎたくないってのが俺の中にある

ss書いて完結させたのはこれが初めてかもしれない
ssスレよくみるが他と比べても外野とかの環境はすごく書きやすかったです
ありがとうございました

これから抜いたら寝ます

さらば

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom