パーシーのSSまとめが11件あります

パーシーのレビュー集計

評価(89)件
4.0

ハリー 「僕こそがあのハリー・ポッターさ」  (80)

1 :  ◆T7FUsMJ7BFB2 saga 2015年05月08日 (金) 21:20:05 ID: lzeKMvPH0

ホグワーツ特急にて

ロン 「その額の傷……もしかして君は」

ハリー 「そうだ、僕こそがあのハリー・ポッターさ」

ロン 「やっぱり!僕『近代の著名な魔法使い』で君の功績を知っ...

森本レオ「『レイプされたトーマス』という、お話」  (68)

1 :  名無しさん@おーぷん 2014年12月01日 (月) 22:40:00 ID: UIt

森本レオ「今日もソドー島の機関車たちが、せっせと働いている」

森本レオ「お昼の時間、パーシーはトーマスにこんなことを言った」

パーシー「ねえトーマス、『レイプ』ってなにかな?」

...

ハニー・ポッター「最後(いやはて)の、敵なる死だって……越えてみせる!」  (1000)

1 :  ◆GPcj7MxBSM saga 2014年08月14日 (木) 00:29:10 ID: /Rl7QaZTO

『ホグワーツの者共よ 城を空け渡せ ハニー・ポッターを寄越すのだ』


『俺様は戦いを望まない ポッターの小娘を差し出せ』


『この城を俺様に そうすれば 誰...

ハニー・ポッター「分霊箱を、探す旅」  (712)

1 :  ◆GPcj7MxBSM sage 2014年03月20日 (木) 22:51:05 ID: TzdYf2Nt0

ハニー「……ヴォルデモート」

ハニー「あいつを完全に倒す為に、どうしても見つけなくちゃいけないわ」

ハニー「分霊箱。あいつの魂の断片が入ったものを」

ハニー「それが、ダ...

ハニー・ポッター「どうして、スネイプなんかを……」  (742)

1 :  ◆GPcj7MxBSM 2013年09月23日 (月) 14:39:02 ID: xfCxUAHg0

隠れ穴

ロン「あぁハニー!僕の家に君を迎えられるっていう光栄な事態とか休暇を君と一緒に過ごせる豚どもが嫉妬のあまり阿鼻叫ヒンしっちまう事態ももちのロンで大事なんだけどさ!」
<...

トーマス「チャギントン?」ウィルソン「機関車とかダサいよ」 (11)

1 :  以下、名無しが深夜にお送りします 2013年10月13日 (日) 05:21:57 ID: Z9.12U0g

トーマス「キミさぁ、もう少し先輩に対する態度ってもの考えられないかな」

ウィルソン「ええ、先輩がどこにいるの」

トーマス「ええかげんさらせや体当たりすんぞ」

ウィルソン「やだートーマスさ...

ライナー・ブラウンと賢者の意思 (233)

1 :  ◆s5OU0vpqtg sage 2013年08月22日 (木) 12:39:51 ID: K9uWP9Gc

ライナー「クリスタ…クリスタ…あぁ!」ドピュ

ライナー「ふぅ…」

ライナー「そういえば、手紙が来てたんだった…なになに」ペラ

ライナー「ホグワーツだと?」フキフキ

ライナー「やべっ、...

マミ「アバダケダブラ!」  (753)

1 :  VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2012年12月14日 (金) 00:23:58 ID: G0BK9RvH0

 

 それは、私が11歳の誕生日を迎えた日の出来事。


マミ『ねえお母さん……やっぱり、今日のお出かけやめにしない?』

マミママ『? どうしたの? マミも今日のお出...

ハニー・ポッター「誰一人だって、欠けさせないわ」  (967)

1 :  ◆GPcj7MxBSM saga 2013年04月27日 (土) 21:41:34 ID: B5Kwop720

ハグリッドの小屋

ドンドンドンッ!

ハニー「ハグリッド!開けなさい!私よ!」

ガチャッ!

ハグリッド「おぉハニー!『透明マント』被っちょるんだろうが俺には分...

ハニー・ポッター「騎士団、いいえ。私の豚団ね、そうでしょ?」  (1000)

1 :  VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013年03月24日 (日) 16:17:51 ID: O0bWhfce0

プリペッド通り四番地

ハニー「ヴォルデモート。あの、豚以下の黒豚」

ハニー「……あいつが復活して、一ヶ月」

ハニー「この夏は、あいつについての襲撃事件のニュ...

シンク「え、別の勇者を呼んだ!?」 (172)

2012年09月13日 21:41:45 1286 PV 0コメ 評価(1件)

1 :  以下、名無しが深夜にお送りします 2012年08月24日 (金) 14:10:53 ID: pea9wgIg

ミルヒ「はい、思い切って呼んじゃいました!」

シンク「え、な、何で?」

ミルヒ「だってシンク、あなたこの間の戦争から大した事してないじゃないですか。」

シンク「うっ!」

ミ...

ScrollBottom